乗りテツは北にいる(Epithode 7 : 怒涛のごとく淡々と、南へ (その2) )

列車はまだ天塩川と絡むように南へ下る。 そしていくつかの駅を経て音威子府。 すでに下り普通列車が停まっている。