ケータイの形態の動態

(あえてこういう言い方をするが)携帯電話端末や情報端末には昔から興味があるが、かといってそこに青天井に金をかけるかというとそれほどでもないし、何より世間とは微妙に要求がずれているのでなかなか合うものがない。

not PARTY but Ceremony

えぇ、もう行くしかない、の第2弾でした。 まぁ、知ってる人は知ってると思いますが、私、中高で茶道部やっておりまして。そろそろ再開しようかというところにこの展示ですから、もう行くしかないと。

やはり「彼ら」は「彼ら」だった。

運良く平日に休みを取れましたからね、これ幸いと、新宿ピカデリーへ「T2 Trainspotting」(OSの仕様かどうか知らんが勝手にTransportingとかスペルチェックするのやめてほしい)を観に行きましたですよ。…続きを読む続きを読む

写真から何を感じることができるか(1)

ということで、何が何だかわかんないタイトルで先週末の墨田区某所でのできごとを書き始めるわけで。 「東京)震災で不明の父のレンズで撮影 写真家が作品展」 (朝日新聞 2017/3/24公開) 行ったのはこれ。正確には「RE…続きを読む続きを読む