[TPAM] 浪江駅前の7年

こちらは、建物は残ったものの、震災時から時の止まったような浪江駅前。
この写真は2度目の訪問時に撮影したものですが、これでも駐車場に停まっている車両は増えているし、写っていませんが乗降客も増えています。

でもいかんせん、生活の匂いが全くない(だってそもそも人がいない)ので、抜け殻になってしまっている。それだけにこの7年の(取り返しようのない)重みが迫ってくるのです。

前回の女川とこの浪江、どっちも原発のお膝元だったはずなのに、と思うとなおさら。

DSC_0216-PANO

(撮影:2018/7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です