中国地方弾丸青春18きっぷツアー2018・夏(2)

なんとまぁ見違えるように変わった広島駅。(前回来た時は工事中でまだ1番ホームから直接改札に行けた時代だ)

カープも優勝したし(関係ない)、「2度と来ない」と某替え歌で謳われた新車も入ったし、なにより政令指定都市だし、これぐらいのコンコースはあってしかるべきなんだが、それにしても賑やかだ。

DSC_0142_6

と、少し来た目的?を忘れつつ眺めて回ったがそれほど時間はない。
そして、次も乗るに乗れない運休区間、で、かつ代行バスもないので新幹線に乗る。三原まで。

DSC_0149_7

「こだまレールスター」。快適。(自由席だから2列ー3列なんだけども)
ただしそこは新幹線だ。あっという間に三原。ひと息ぐらいしかつく暇はない。
そして今回の旅はいみじくも「青春18きっぷ」の旅である。乗れるのに普通列車を回避するなど御法度。

ということで降りる。そして早朝に朝食を買い求めたコンビニ&土産物屋(これがまたセブンなのである)で昼飯を購入。店員さん、よもやカープのCマークのような移動をして来たとは思うまい(苦笑)

列車は隣の糸崎までしかいかない。この辺の列車は編成(両数)も内装もバリエーションがあるので当たらぬも八卦やらなんちゃらな気分で乗り継ぐのだが、真っ昼間、というか昼過ぎの一番空いている時間に6両だった。しかも懐かしの湘南色を2編成繋げた超レア運用。

ここまでの余裕を予想したわけではないが、空いているのを見越して(、そして多くの車両は転換可能なクロスシート)弁当を買っていた。鰻を滅多に食べなくなった代わりに穴子にした。うまい。

列車は徐々に人を飲み込んでいくが、私のボックスに他の人が座ることもなく倉敷まで到達。終点の岡山まで行ってみたい気持ちを抑えつつ下車する。

DSC_0166_4

むろん、こんな機会、そうそう無いので写真はちゃんと撮った。倉敷駅が(いろいろリニューアルされてはいるが)構造的に昭和なので、一見「昭和の焼き直し」のような写真になった。なかなか味わいがある(自賛)

この後は伯備線で総社へ。「青春18きっぷ」の旅なので対象外、としていたが、そう言えば途中の清音(きよね)駅からは井原鉄道が出ている。倉敷市真備町の真ん中を通る路線で、この時はまだ運休していた。また来ないとなぁ、と思っているうちに総社に到着。

この先を進んでもお盆前まで運休してた区間になるのだが、時間的な問題もありここで下車、乗り換える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中