蕎麦呑み道楽<その4> 大和郡山「そば楽」編

時はほんの少し遡って2017年12月30日。
ご存知の方にはお馴染みな話ではありますが、私が年が変わる前に帰省するのはこのお店で年越しそばを食べるためだったりします。
で、諸事情あって今年は12月30日にお伺いしたわけです。


なんとなくここで年越しそばを食べないと年を越した気分にならない、という。
自宅を改装したお店なので、普通にどこかのお宅に入るような気分の玄関に看板と暖簾がかかっております。
いつもは大晦日に伺うので混んでいて若干メニューも絞られているのですが、今回は30日でしたので、懐石と行かずともフルコースで頼んでみます。
てんぷら蕎麦

蕎麦いなり
蕎麦がき

蕎麦だんご
蕎麦アイス

もちろんお茶はそば茶。
蕎麦もてんぷらももちろんですけど、そばがきが美味しゅうございますのよ(←誰?)
蕎麦はいわゆる二八、更科、って感じですかね。ツツーっ、いや、ずずーッっといくと美味い。
他それぞれに蕎麦の風味が香りまして。
靴を脱いで上がるので、お呼ばれして食べている感じです。
昼間だけの営業ですし、おつまみ的なものはあまり無いので「呑む」目的だと厳しいですけど、庭がけっこう綺麗に手入れしてあって、ゆっくりできるときは雰囲気でもほっこりできます。おすすめ。
奈良公園・薬師寺と法隆寺の間なので移動の合間に。
さて来年は・・(いや晦日以外にも行けよw)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です