平日に週休3日

ぐらいがいいよなぁ、と思うんですよ、最近。(画像と本文は関係ありません)
残業規制とか総労働時間とか、そんなところだけ決まっても業務の効率化とかツール・アイテムの導入とか契約以上はやらない姿勢とか(いや、やってもいいけど割増有料でとか)もっというと長いこと頑張っているのがいいっていうマインドとか、そんなんがなければ、定時退社で夜遊びとかプレミアムなんとかとか、絵にもかけない餅でしかないよねぇ。絵にもかけないから喉に詰まりもしないw

残業時間ばっかり規制されるから仕事のレベルは落ちるし溢れるし、ってことにはしたくないのでなんとか取り繕うんだけど、そうなると本質的な改善や改革ができない。整理ができない。
で、だいたい、そんな状況でみんなが週末に週休2日だから観光地は(いや、観光地に行く前も帰るときも)混雑しまくるし排気ガスは出しまくるし疲労は溜まったまんまだしいいことないじゃんね。
だから、まぁ出勤日は少々長くなってもいいから休むときは休みたい。で、旅行にも行きたいしできるだけ人混みは避けたいとなるとまぁ、平日に3日、がいいとこだよなぁ、と。ほら、1日惰眠してもまだ2日。丸1日家事をこなしてもまだ2日だし。
 
・・・・・。
 
あぁ、わかってますよ、結婚してたり、さらに子供がいたりすればそんなことは言えませんからなぁ。介護しなきゃなんない親とか居たりしたら逆の意味で週休3日か4週2休でいいから1日5時間半とか。呑気に言ってられるのも俺が独り身だからだ(かなしい)。
家族がいて、なおかつ週休3日とか言い出すと高付加価値自宅労働でも考えないとなぁ、となる。それはそれで狭き門だ。
でも、そんな多様性があってもいいと思うんだよなぁ。で、その方が人材は揃いやすいんじゃないかなー、とか思ってもみたり。結局、見た目管理しやすいから揃えてるだけだし、だから管理職といいつつ(以下略)(強引に理論づけ)
 
・・・なんてことを考えながらウィンブルドンを観ておりましたよ。幸せなやつだ。
そうそう、たまたま観たんだけど大坂なおみが凄かった。でも緩い球でミスるところが19歳らしくてw
これ以上観るスポーツ増やすと時間配分的にまずいんだが、まぁ、いいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です