2012.06.10 「CASIOPEA “ASAYAKE” のイントロ」

注)今日のエントリはタダのメモですw

実はカシオペアはそんなに好きで動向を追っていた訳ではない。
それでもありとあらゆるレコード・CDを借りて聞くことに情熱を燃やしていた高校時代には当然聞くには聞いていた訳で、「HALLE」とか「LOOKING UP」などは好きで聞いていた記憶がある。
ただ、当時の私には音が堅すぎた感じで、どっちかというとスクエア派な人ではあり。

その後はずっとポップやロックの方に振れたのでたまーに聞く程度で。
ただ、2000年頃にいた職場にはCD売り場があって、そこでたまたま入手した、1999年の日比谷野音ライブの音源を収録した「20th」というライブアルバム(CD)を何故かずっと持っていた。

で、近年のソーシャル「ブーム」で脚光を浴びたメンバー某氏のustreamに参加するようになって、改めて聞いてみて、「ほう」と唸りながら再度古いものから聞き直す、というようなことをやっていた。

で、気になったのがタイトルにしたように「ASAYAKE」のイントロ。
普通は例のギターのフレーズからいきなり始まるものがスタジオ録音も含め多いのだが、上記の「20th」はライブだからか、キーボードのソロから始まる、ギターが出てくるまで比較的長いイントロで、これがいいなぁと思って探していた。
(まぁ、活動歴も長いし、ライブも含めるといくつもテイクがある)

で、とことん探した訳でもないのだが、ざっと見たところ
1)ギターのフレーズにいきなり入る基本パターン
http://www.youtube.com/watch?v=wr5Y7al1uKQ
http://www.youtube.com/watch?v=F88Ag-KeZkc
2)ベースのソロから入るパターン
http://www.youtube.com/watch?v=OzsQxk_yr2M
そして
3)キーボードのソロから入るパターン
http://www.youtube.com/watch?v=GZ301XErfyQ
と3つありそうで、しかも3)はそのライブの音源でしか確認できなかった。
このライブ、20周年記念でいろんな元メンバーも入ってたし、特別なアレンジか?とか思ってたのだが、今日になって見つけたのがこれ。
<Casiopea – Asayake *Live in London 1983*>
http://www.youtube.com/watch?v=i957wB3zZFs
キーボード→ドラムス→ベース→ギター、と順番にステージに入って演奏に参加して行って、ギターが入ったところで例のイントロに入る、という凝った構成なのだが、これがほぼ「20th」のイントロそのままだった(キーボードのフレーズは若干違うが)。

ふーん、このパターンは20周年記念の特別アレンジではなかったんだな、と確認した次第。
まぁ、知ってる人は知ってるんだろうが、まぁ、改めて引っ張りだして来たのか、ライブでは時々やっていたが音源にはなってなかったのか、どっちかなんだろうなと、少しスッキリした。

それにしてもYouTube、便利だわ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中