2008.06.27 「みんなで行けばどうなるか?」

年金問題ですが。
某厚生労働大臣は「決意」を前面に出して(盾に?)会見してましたが。
結局、全突合せはしたくない、という方向のようですな。
当然、やればやるほどボロボロと出てくるのは見えてますしね。
TV報道によれば、来年と再来年を「問い合わせ強化月間?」にして
問いあわせを受けて、、問い合わせをしたヒトについては
結果を報告する、調査する、と。
これは
「問い合わせ数は全突合せより明らかに(業務量に影響するぐらい)少ない」
という予測に基づくものですわな。
まぁ、汚い言い方をすれば、
ずいぶん国民をナメたもんだな、と思いますが。
労働組合とかは、いっそのこと、メーデーを「問い合わせ一斉行動日」にして
来年の5月1日にメーデーの集会後にデモをして、ゴールは社会保険事務所
にすると宣言すればいいかと思うんですがね。
みんなが来ると思えば
「来た人には教えます」とかいえないよなー。
そこが前提なら、混乱を避けるためには専門チームを調査に充てたほうが
日常業務には影響が出ないはずだけどね。
一度いってくるかな。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です